朝起きられなくなる。生活リズムが崩れ出す。学校や友達のことを考えると息苦しい感じがする。
何もしたくない。未来が見えない。誰も自分のことなんか・・・と考えてしまう。
そんなことから「不登校」が始まります。
「なんとなくつまらない」からずるずると欠席が続き「周りの目が気になり」不登校が始まったりもします。
不登校・「引きこもり」・「高校中退」・・・
現在の学習状況に不安のある方・高卒認定試験を取り大学や各種国家試験をとれる専門学校に行って
元に戻りたい」。このような希望を持つのお子さんの学習指導に対応サポートをいたします。

一日の生活イメージ

30数年前のことです。インターネットも携帯電話も殆ど使われていない時代です。初めての生徒さんの中に、不登校(当時は登校拒否)の中学2年生をお預かりすることになりました。
 はじめは対面することも拒否され、何とか本人に会えるまで1週間かかりました。
それから話をするまでまた1週間。原因の糸口がつかめた後は、本人と話し合い、保護者とも話し合い、そして本人と保護者で話し合い、高校・大学のこと将来のことを話し合って学習を始めました。
学校も朝学校まで行ってみる・保健室まで行ってみること・1時間目だけ出てみること等段階的にゆっくりやってみました。
 当時仙台では不登校に対する学校の対応が無理解・不理解の嵐でしたが、奇跡的に担任の先生が一緒になって考えて下さいました。また、何よりも友人のお子さんの手助けが強力に作用してくれました。
結果として、上位公立高校に合格、「心が折れる」前に出会えました。
現在は不登校の他、色々な発達障害・学習障害がわかっています。
「自分の気持ちがうまく伝えられない」、色々な障害を持ったお子さんが多いのです。対応する大人達が真剣に向かい合わなければいけません。
しかし、保護者の皆さんもお子さんの状況に合わせて「つかれて心が折れやすく」なっていくものです。
 SSCでは今までの経験の中から、お子さんの将来を考えたご相談・学習指導をさせて頂きます。